ペニスの大きさは遺伝で決まる?|ペニスの成長可能性を探る

男の象徴でもあるペニスは誰しも大きくしたいと願うものですが、顔や髪の毛のようにペニスも遺伝で決められてしまうものなのでしょうか?

今回はペニスの大きさにどれだけ遺伝が関係しているのか?ペニスを大きくするにはどうしたらいいのか?を説明していきます。

 

ペニスの大きさに遺伝は関係あるの?

様々なネットの情報を調べていたら、このような文章がありました。

胎児期に浴びる男性ホルモン量が多いとペニスのサイズが平均して大きいということです。

引用元サイト:http://www.tanshou-penisuheikin.net/iden.html

やはり人の体である以上、ある程度ペニスにも両親の影響を受けるでしょう。

ですがペニスの大きさは、生まれつきの遺伝だけで決まるとは限りません。ペニスを大きくするために数カ月間かけて飲み続けるペニス増大サプリには、海綿体を活性させ、血行をあげる成分がたくさん含まれていますが。

実はこれらの成分は、毎日のご飯からきちんと取り入れることができる成分なんです。そのため生まれつきの遺伝に加え、あなたの幼い時からの日々の生活も大いに影響しているといっていいでしょう。

また、包茎の方はペニスが皮に守られて刺激をうけないことから、小さいと言われています。もしペニスの大きさに自信が無い方は、今からでも包茎を改善してペニスを大きくする努力を重ねればたくましいペニスを手に入れることができるかもしれません。

ペニスを大きくするには?

ペニスを大きくする方法はたくさんあるのですが、その中でも一番の近道はチントレでしょう。

チントレとはペニスの海綿体にたくさんの血を送ったり、おなかの中に埋まっているペニスを外に出したりする、トレーニングです。これにはいくつかの種類があり、ちゃんとしたやり方があります。

ほかには手術をしたり、器具を使ってペニスを大きくしていくやり方もありますが、まずは自分の手でお金をかけずにおこなってみるのが一番でしょう。

もし、お金にちょっと余裕がある方はペニス増大サプリとチントレを同時に行うことがとてもおすすめですよ。

関連記事:【徹底解説】必見!ちんトレの基礎、ミルキングとジェルキング

遺伝子を無理に気にしないでも、ちゃんとペニスは大きくなる

いかがでしたか?今回は遺伝子がペニスにどれだけ関係しているのか?について説明しました。確かにペニスの大きさは生まれつきの遺伝子である程度左右されることもありますが、大きくならないというわけではありません。

ですので、無理に遺伝子は気にせずにペニス増大を目指していってみてはいかがでしょうか?また、包茎の方は改善するだけでもセックスが楽しくなるかもしれませんね。