話題のペニス増大手術方法『リパス』って何?その方法と費用や効果

永続的な効果を得ることが難しい上に、手術費用が高い亀頭増大手術ですが、リパスを注射する亀頭増大手術は、永続的に効果が出ることから話題を呼んでいます。そこで今回はリパスとほかの亀頭増大手術の違いについて説明します。

 

リパスとは?

リパスG(LIPAS-G)とは、国内でもごくわずかな限られた場所でしか、注射してもらえない亀頭増大手術に使われるフィラー剤です。

このリパスGの特徴は、一度注射したら永続的にペニスが大きくなるという点にあります。この治療が受けられるのは現在

・船橋中央クリニック

・青山セレスクリニック東京青山院

・埼玉川口院

の3か所だけです。

普通の亀頭増大手術は、数年で効果が無くなることに加え、1回の手術に10万円ほどの費用が掛かります。これを自分の満足する硬さ、大きさになるまで回数を重ねながら手術をしなければいけません。

そのため何十万とお金を払っても元通りになるため、ずっとペニスを大きくしたい人は定期的に治療を行う必要があります。

その反面、リパスGを使った手術は1回40万円とかなり高額ですが、永続的にたくましいペニスを手に入れられることから、長期的な面で見ると安くなります。

 

亀頭増大手術はあちこちでもできる

亀頭増大手術は、あちこちのクリニックで受けることができるのですが、亀頭に注射するフィラー剤がリパスGとは異なり、ヒアルロン酸を注射することが一般的です。

ヒアルロン酸は、体内に入れても約1年で吸収されてしまうため、一時的な固くて大きいペニスしか手に入れることしかできません。ほかにも注射できるフィラー剤には様々な種類があることから

中には半永久的に残るものも存在します。人によって亀頭に注射したいフィラー剤は変わってくると思いますが、全てのクリニックがありとあらゆるフィラー剤を取り扱っているとは限りません。

そのため1つのクリニックにカウンセリングを受けて、そのまま手術をすると後悔する恐れがあります。亀頭増大手術を受ける際には、どんなフィラー剤があるのか?どこでそのフィラー剤を注射してもらえるのか?

といったリサーチを事前に行ってから複数のクリニックでカウンセリングを受けるようにしましょう。一度の手術で永続的にペニスを大きくしたい方はリパスGを注射してもらうといいですね。

関連記事:ペニス増大手術で使用するフィラー剤にはどんなものがある?

カウンセリングは慎重に

亀頭増大手術は高額なうえに、一度行った後はすぐに元に戻せるわけではありません。自分の体に手を加えるのですから、カウンセリングでは遠慮なく様々なことを質問しましょう。

行う際には複数のクリニックでカウンセリングを受けることを強くおすすめします。