肥満とペニスサイズの関係|デブの短小ペニスは宿命か?

太っている人はペニスが小さいという話を聞いたことがないでしょうか?実は肥満と短小はある関係性があるんです。今回は肥満の人がペニスが小さくなる一つの理由とその解決方法を紹介していこうと思います。

 

肥満の方のペニスの短小の原因は埋没包茎

肥満の方のペニスが小さい原因は埋没包茎にあります。これは肥満によりあなたのおなかの中にペニスが埋まっている状態です。

人のペニスはすべて外に出ているのではなく、ある程度おなかの中に埋まっているんです。それが肥満になっていることから、よりペニスがおなかの中に埋まってしまっていることを埋没包茎と言います。

ペニスを大きくするチントレやペニス増大手術の中には、体の中に埋まっているペニスを引っ張って長くするという方法あり、個人差はありますが、2㎝以上大きくなる場合もあります。

ペニスが中に埋もれて亀頭に皮がかぶっている状態であれば、ペニスを引っ張ることで包茎を改善することも可能です。

全ての肥満の方が埋没包茎にかかっているというわけでは決してないので、太っているだけで自分が包茎だと過度に心配はしないようにしましょう。

 

埋没包茎の改善方法は?

ダイエット

埋没包茎はおなかの中の脂肪が原因でペニスが埋まっている状態ですので、ダイエットをすることで改善をすることができます。

加えて太っている男性はほぼ確実に可愛い女の子とエッチをすることはできませんので、出会い系などで可愛い女の子とエッチを楽しみたいという男性はダイエットを実践してみてください。

引っ張りトレーニング

こちらはペニスを引っ張っておなかの中に埋もれているペニスを外に出すトレーニングです。こちらは埋没包茎の方だけでなく、すべての男性が行えるチントレなのでペニスを大きくしたい方や包茎を改善したい方は実践してみてください。

ダイエットと一緒に行うといいですね。以下に引っ張りトレーニングの詳しい説明を引用させていただきます。

1、布団に入ってもいいので、ペニスを出したまま仰向けになって寝る。

2、右手でペニスの根本と睾丸をまとめて握り、左手でカリの部分を握る

3、根本と睾丸を握った右手をグッと、お腹の方へ持ち上げる

4、カリを握っている左手を、ゆっくり限界まで引っ張り、20~30秒キープする。

5、ゆっくり戻して、今度は引っ張りながら時計回りに10回回す。

6、今度は反時計回りに10回回す

7、左に20~30秒ゆっくり引っ張り、上に20~30秒、右に20~30秒、
下に20~30秒とゆっくり引っ張る。

引用元:http://xn--w8je4a6o5a4877czns95mxw2cyr1b.com/archives/113

長茎手術

こちらはおなかの中に埋もれているペニスを外に出す手術です。クリニックごとに料金が異なってきますが、基本的に10万円前後で受けることが可能です。包茎改善とペニス増大の両方ができますので、人によってはこちらを検討してみてもいいかもしれません。

関連記事

ペニス長茎手術の費用とおすすめのクリニック

 

カントン包茎の方はペニスの増大や包茎改善に注意しよう

包茎には様々な種類がありますが、その中にカントン包茎というものがあります。これは皮の先っぽが短く、皮が剥きにくいという包茎です。

皮がむけている状態になると、先の皮が短いことから亀頭を締め付ける力が大きくなることに加え、戻りにくくなります。これが原因で亀頭が皮に締め付けられてうっ血してしまう可能性があるので注意が必要です。

真性包茎の方も急にペニスが大きくなるとペニスが締め付けられる恐れがあるため、仮性包茎以外の方は一度診察を受けたうえでペニスの増大や改善を検討することをおすすめします。

 

まとめ:埋没包茎はダイエットで改善していくことが一番

いかがでしたか?今回は肥満とペニスの短小の関係についてまとめてみました。包茎の種類によっては適切な治し方が必要なものもありますので、気になった方は一度病院で診察を受けたうえで改善をしていきましょう。