早漏の直し方・改善方法!一人でする方法も

必見!早漏対策!

早漏ってよく聞きますがどんな人のことを言うのでしょうか?
早漏の人口は18歳~65歳までの成人男性の約3割が早漏であるとの統計があり、日本人には早漏が多く、半分以上の男性は早漏と言われています。

悩む

早漏とは、自分の意思とは関係なく射精してしまう病気のことを指します
ストレスや心配事、肉体的ダメージ、緊張感など、原因は様々です。
また、どのような状況から早漏になるかも人それぞれです要因があります。

早漏の定義として、

  • 膣に挿入する前、または挿入して1分以内の射精
  •  膣に挿入後に自分の意志で射精を遅らすことができない
  • 十分な挿入により相手を満足させることができない
  • セックスが苦痛に感じる

4つのうち1つでも当てはまれば早漏です。

私の友達は、「本気を出せば30秒でいける」とドヤ顔で言っていました。

早漏は一人で抱え込むのはやめましょう。
まずはパートナーに相談し、原因となっている精神的な心配や要因を取り除くことから始めるのがベスト

包茎が原因の場合

早漏の原因のひとつに、包茎があります。
包茎によって、亀頭が常に守られている状態であることで刺激に敏感になってしまうためだと考えられます。
早漏と包茎には直接的な因果関係は無いが、間接的要因としては大きく影響しています。
つまり、『包茎の人はペニスが敏感すぎるので早漏になりやすい』というのは紛れもない事実なのです。
包茎の人は、包茎手術を検討するといいかもしれません。
手術してすぐに解決するのではなく、徐々に亀頭が常時露出する事で自然に亀頭が鍛えられていくことでじきに早漏が治るケースはよく聞きます。
早漏対策の第一歩として、効果が大きいものになります。

関連記事
包茎を治すには?

オナニーのしすぎは早漏になることも、遅漏になることもあります。
特に強い刺激に慣れてしまうと、膣内射精障害になることがありますので、変なオナニーはやめましょう。

早漏防止訓練・スクイーズ法

もっとも簡単でポピュラーな早漏防止方法です。
自分で射精寸前までペニスをしごき、直前で亀頭をおさえて射精を止めます。

手順としては、

  1. 射精しそうになる
  2. カリの付け根を親指と人差し指ででギュッと握る
  3. 約4秒間圧迫

を繰り返す方法になります。

最初のうちは失敗するかもしれませんが、何度も繰り返すことで射精をコントロールできるようになります。
スクイーズ法には即効性はなく、治療期間は3~5カ月かかるので継続して行うことが必要です。
実戦でのコントロールには時間がかかるかもしれませんが、確かに効果のある方法です。

だいたい1ヶ月ほどで成果が出てきます。

早漏防止薬

早漏防止には、局部麻酔系のお薬「リドカイン」というものがあります。
リドカインには、敏感なペニスを保護し、刺激をおだやかにしてくれる効果のある薬です。
医師の処方箋があれば、購入できるようになっています。

最近では、インターネット通販でも手に入りやすくなっているのでスクイーズ法であまり効果がなかった方は
チャレンジしてみてもいいかもしれません。

ただ、即効性は期待できますが専用の内服薬ですのでそれなりの副作用が出る可能性がありますのでご注意下さい。

メンタル的な問題が原因の場合

メンタル的な問題の早漏を心因性早漏といいます。
男性のメンタルは意外に繊細なので、ちょっとしたストレスで早漏になることは多いのです。

心因性早漏といっても、原因は様々で射精に至るまでが早いことを気にし過ぎるネットの情報を鵜呑みにして間違った情報で悩みを深刻に捉えすぎてしまう自律神経に異常が起きた場合のストレス性の心因性早漏もあります。
ストレス性の場合は、今まで射精をある程度制御できていた人が突然制御できずに自分の意思とは関係なく射精してしまうパターンです。

早漏は、自身のメンタルと密接な関係を持っています。
悩みすぎて眠れない、防止薬だけではまだ不安という方はメンタルクリニックの受診をおすすめします。
相談の内容によって安定剤を処方される場合は、安定剤で早漏が改善することもあります。
専門家のカウンセリングを受けて、安心して回復傾向へ向かったというケースも少なくありません。

また、EDや早漏専門の治療院も存在しています。
安定剤・防止薬を処方してくれるので、一度相談してみるのもよいでしょう。

早漏は、男性の精神状態によって大きく左右される繊細なものです。
悩むと余計に追い詰められてしまう可能性もありますので、早めに専門家にかかったりして1日でも早い治療を目指しましょう。

早漏といっても、原因は人それぞれ!
原因をはっきりとさせてから、対策・対処することが大切です。